WiDARを用いて3Dスキャンを行う方法を説明します。(Todo: 目次ページを作る,ページを説明ごとにそれぞれ分ける,実際のUIの画像を差し込む)

  1. アプリを起動すると、すぐにスキャン画面が起動します。撮影ボタンを押して、スキャンを開始しましょう。
  2. スキャン中にカメラを物体の方向に向けると、自動でスキャンがされます。もやが消えるように、ゆっくりと物体を回るように撮影するのが、スキャンがうまくいくコツです。
  3. 一通りスキャンし終えたら、撮影停止ボタンを押し、スキャンを終えます。スキャンを終えた後は、後処理が行われたのち、スキャン結果が表示されます。
  4. さらにスキャンしたい場合は、戻るボタンでホームに戻り、再びスキャン画面に移動しましょう。

WiDARを用いて3Dスキャンを閲覧する方法を説明します。

  1. アプリを起動したのち、アルバムに移動します。
  2. 移動すると、今までスキャンしたデータがリスト表示されます。
  3. 閲覧したいデータを選択すると、閲覧できます。

WiDARを用いて3Dスキャンを切り取り、いらない部分を除去する方法を説明します。

  1. 切り取りを行いたいデータの閲覧画面まで移動します。
  2. 右側のモード選択ボタンより、切り取りモードを選択します。切り取りモードに入ると、切り取り用のボタンと、切り取り範囲を表すBoxが現れます。
  3. Boxの範囲を変更し、切り取りたい部分がBoxの中にぴったり収まるようにします。左下のボタンで変化させたいBoxの面を指定し、バーの上をなぞると、切り取り範囲が変更できます。
  4. 切り取り範囲が指定できたら、切り取りボタンを押します。データは何回でも切り取りが可能です。
  5. うまく切り取れたら、保存ボタンを押し、保存を確定します。既にあるデータを上書きするか、上書きせず新規保存するかを選択し、新規保存の場合は名前を入力します。
  6. 切り取りを失敗してしまった場合、戻るボタンを押すことで切り取りをリセットできます。

WiDARを用いて複数の3Dスキャンを合成する方法を説明します。

  1. アルバムに移動したのち、右上の複数選択ボタンをタッチします。
  2. 複数選択モードになったら、合成したいデータを複数選択します。
  3. 合成を開始すると、選択したデータが閲覧シーンに現れます。
  4. それぞれのデータを、バーを用いて合成したい位置に移動させましょう。左下のバーで、物体を移動し,右下のバーで、物体を回転します。
  5. 操作するデータを変更したい場合は、右上のボタンをタッチすると、選択肢が表示されます。選択肢をタッチすると、編集するデータが変更できます。
  6. 全てのデータの移動が完了したら、保存ボタンを押すと合成データを保存できます。

WiDARの閲覧モードを変更する方法を説明します。

  1. データの閲覧シーンまで移動します。
  2. 左上に現在の閲覧モードが表示されています。
  3. 閲覧モードの文字をタッチすると、データの閲覧モードが変更できます。
  4. ウォークスルーモードでは、カメラ移動スティックとカメラ回転スティックを用いて、ゲームのように閲覧が可能です。
  5. 間取り図モードでは、物件や建造物を間取り図のように閲覧できます。メジャーや面積機能を利用する際に便利です。メジャー、面積機能について詳しくはこちら(リンク)。

WiDARのメジャー、面積計算、角度計算機能について説明します。

  1. データの閲覧シーンまで移動します。
  2. 右側のモード選択ボタンより、計量モードを選択します。選択できると、さらに3つの選択ボタンが出現します。
  3. メジャー機能は、初めにタッチした点と、2回目にタッチした点の距離を測ります。
  4. 面積計算機能は、まず計算したい部分を囲うように点をタッチします。
  5. 最後に計測ボタンをタッチすると、囲った部分の面積を計算できます。
  6. 角度計算機能は、3回タッチして計算したい角度を作ると、角度が計算されます。
  7. どのモードでも数字を2回タッチすると、現れたメジャーを削除できます。また、下のバーを変化させると、文字の大きさを変えることができます。

WiDARのシェア機能について説明します。

  1. シェアしたいデータの閲覧シーンまで移動します。
  2. 右側のモード選択ボタンより、シェアボタンを押します。
  3. AirDropなどにより、撮影、編集、合成したデータを共有できます。