WiDAR Tutorials

WiDARのPhotoモードについて解説します。Photoモードではフォトグラメトリの技術により、画像から正確な3Dデータを生成できます。
また、LiDARが搭載されていないiPhoneでも利用可能となっています。

アプリを起動すると、Photoモードが利用可能になります。

3Dスキャンしたい被写体をカメラで撮影していきます。被写体の周囲を回りながら、細かく写真を撮るのがうまくいくコツです。

写真を一通り撮り終えたら、撮影終了ボタンを押します。プレビューに移行します。

アップロードする画像を消したり、オプションを変更できます。
その後、アップロードボタンをタップすると、残りスキャン回数が減少し、画像データがクラウド上にアップロードされて処理が開始されます。
アップロード中はアプリを閉じないでください!
アップロード後の処理には数分程度時間がかかります。
通信を用いたデータのやりとりがあるため、WiFi環境下でアップロードすることをお勧めします。

クラウド上での処理が終了すると、3Dスキャンが見れるようになります。下のタブからライブラリをタップし、先ほどスキャンしたアイテムをタップして確認してみましょう。

Photoモードは、処理に時間はかかりますが、比較的小さな物体を正確にスキャンするのに適したモードです。料理やフィギュアなど、身の回りのものをスキャンしてみましょう。