WiDARの機能は基本的に無料で利用することができますが、WiDAR Proライセンスを購入すると、WiDARの機能をさらに自由に利用することが可能になります。
Photoスキャンの1週間で5スキャンの上限が解放され、1ヶ月ごとに99回の条件でスキャンできるようになります。
また、3Dスキャンを動画や画像だけでなく、obj方式やfbx方式など3Dデータの方式でエクスポートできるようになり、WiDARでスキャンしたデータをUnityやblender、3Dプリンターなどの外部サービスで利用できるようになります。

左上の歯車マークから設定を開き、WiDAR Proを選択します。

「Proを始める」を選択し、サブスクライブの手続きをします。

画面のような表示に切り替わっていれば、Proライセンスが有効です。

Proにアップグレードして、WiDARをさらに使いこなしましょう!