WiDARを用いてLiDARスキャンを行う方法を説明します。
(LiDARスキャンは、LiDAR搭載のiPhoneでのみ利用可能な機能です。)

アプリを起動し、下のモード選択ボタンからLiDAR撮影ボタンを押します。

撮影開始ボタンを押すと、スキャンが開始されます。

スキャン中にカメラを物体の方向に向けると、自動でスキャンがされます。
もやが消えるように、ゆっくりと物体を回るように撮影するのが、スキャンがうまくいくコツです。

一通りスキャンし終えたら、撮影停止ボタンを押し、スキャンを終えます。

スキャンを終えた後は、3Dスキャン閲覧画面に移動します。
初めは、3Dスキャンの輪郭のみが表示され、画像がない状態です。
右上のアニメーションが動いている間は、撮影した画像の処理中です。
画像が処理されるまで、少し時間がかかります。

画像の処理が終わると、3Dスキャンに画像が貼り付けられます。
撮影した3Dスキャンを閲覧してみましょう。
この画面での操作は、他のチュートリアルで学ぶことができます。
3Dスキャン閲覧のチュートリアルへ

さらにスキャンを続けたい場合は、「戻る」ボタンからライブラリ画面に移動し、さらに左上の「スキャン」ボタンを押します。

LiDARスキャンにはfastモードとgoodモードがあります。goodモードは、点群スキャンの元にメッシュを生成する機能です。fastモードよりも処理に時間はかかりますが、高精度な物体のスキャンができます。
goodモードを選択すると、ScanRange(スキャンの範囲)とConfidence(スキャン時のノイズの除去の強さ)を選択できるスライダが表示されます。
初期設定のままでも大丈夫なので、設定したのち、スキャンを開始します。

fastモードと同様に、処理が終わると3Dスキャンを閲覧できます。

スキャンができましたね!次は、3Dスキャンを閲覧してみましょう。